粘度計をもらったけれど使うタイミングが分からない

音楽とサッカーをこよなく愛するオレは、共通の趣味を持つ友人が男女ともに大勢いるのが自慢です。
性格は自分で言うのもなんだがとてもいい人で誰にでも明るく振舞えるのが特技と言っても過言ではありません。
そんな誰からも愛されているオレの誕生日パーティーを友人が開いてくれたのでありがたく参加をしたのだか、あまり面識がなく会話も挨拶程度しかした事がない女性から思わぬプレゼントを貰ってしまったのです。
何か使い道があるのか悩んでいます。

急にもらったプレゼント

総勢32名が集まってくれたオレの誕生日パーティーで貰ったプレゼントは、ヘッドセットやサッカーボール・セリアAの公式ユニフォームなどさすがオレの友達達と言いたくなるほど嬉しいものでした。
ところが、ある一人の女性から貰ったプレゼントに言葉を無くしてしまったのです。
電卓のような小さなキーボードと液晶画面が付いている本体と電極が付いたケーブル。
一見すると一昔前の音楽プレイヤーか?と思うものだが、女性から言われた一言に唖然としました。
この粘度計を使ったらカレーやシチューを好きな粘度に出来ますよ」と言って渡してくるのだからどういう顔をしたらいいのか悩んでしまいました。
誰にでも笑顔で優しく接することを得意とするオレだから、「ありがとう、とっても嬉しいよ大切にするね。」と言ったもののどう使えばいいのかわからず処分した方がいいものか頭を抱えてしまっています。
理系の女性というものは、どこか頭のネジが外れているらしく扱いにくいと改めて実感しています。

未開封のまま売ったほうがいいかな

せっかく貰ったものだから有効活用をしようと頭をフル回転させてみたものの、物質の粘着力を計測する必要性があるのか?どのタイミングで測るのかさえわからず自分で使うことは諦めました。
物の処分に困った時こそ、オークションに出品するのが一番だとオレのお袋が言っていた言葉を思い出して売ってしまおうという答えにいきつきました。
そもそも、この貰った粘度計の値段はいくらなのかと調べてみたところ、定価は2万円と想像以上に高くて驚いたものです。
ほとんど面識もない相手から、こんな高価なものを貰えるオレってすごいなと自分でもビックリしているのだが折角なら1度何かに使ってみるのも悪くないかもしれないと心が迷い出したのは言うまでもありません。
未開封でオークションで販売すればほぼ定価と同じ価格で売れる、1度でも使用してしまえば中古になってしまい売値は半額になってしまうから困ったものです。
贈り主に感謝の意味を込めて1度だけでも使ってみるのが良いか、手早くまとまったお金にしてしまう方がいいのかサッカーボールが数分間ゴール周辺を彷徨うように、オレの決断も彷徨っています。