車を持っているアスリートはみんなコートテクトを使えばいいのに

車に乗っていて気になることといえば、温度管理やUVなどです。
自動車メーカーはそのための対策をたくさん施しており、一昔前までに比べると快適になってきました。
しかし、それだけで充分と感じている人が少ないのもまた事実です。
近年、自家用車にコートテクトを導入する人が増えています。
体に有害な赤外線や紫外線を効率的にカットしてくれるため、ストレスを大幅に軽減することが可能です。

特にアスリートなど体が資本の人にとってはおすすめできる逸品です。

車内への熱をカット!

コートテクトは、車内への熱を効率的にカットしてくれます。
夏の暑い日などに炎天下に置いていると、室内は驚くほど高温になってしまいます。
そのストレスは相当なもので、精神的にも肉体的にも疲労を感じる人は多いです。
アスリートの場合などは、特にその傾向が顕著です。
コートテクトは合わせガラスの内側に薄い金属膜を多層コーティングしています。
金属膜は赤外線を反射し、中赤外線透過率を90%以上も軽減する効果があります。
これらの効果で高い断熱性能を確保しているのが特徴です。
そして、ただ赤外線を反射するだけではなく、肌に有害なUV紫外線を99.9%カットします。
UVは肌のみならず、目やインテリアにも悪影響を及ぼすとして有名です。
コートテクトを使えば夏には室内からの熱を反射し、冬場は車の中の暖気を反射して快適な環境を実現することができます。
カラーを選ぶことができるため、愛車をドレスアップする効果も人気の理由です。
一般車とは一味違った演出をすることができます。

体調管理もしやすい

アスリートにとって体調管理は仕事の1つと言えます。
試合・本番に備えて体調を整える上で、室内の環境はとても重要です。
コートテクトならば目や肌を傷めてしまう紫外線を99.9%カットするという特徴があるため、ダメージを大幅に軽減することができます。
夏は過度に室内の温度が上がることがなく、冬場も暖気をすれば快適な環境をキープすることが可能です。
急激な温度変化が体調に及ぼす影響は明らかなので、アスリートなら室内の温度変化は気にして当然です。
装着さえすれば、後は特に気にすることもないため精神的にもリラックスできます。
車運転している時や助手席にいる時、精神的なリラックスを求めるアスリートは多いです。
1人になれる空間として、また練習内容や試合のことを反省するのにも最適です。
温度や紫外線のことをいちいち気にかけていては、心が落ち着く環境を整える事は難しいと言わざるをえません。
コートテクトなら体調管理もしやすく、その意味でもアスリートにはもってこいです。